5, 8月 2016

カードローン申込みから借入までの流れ

カードローン申込みをする時は、その流れについて考える必要があります。カードローンは一定額までは、収入証明書や銀行残高証明書などは必要がないです。一定額を超えますと、こうした資料が必要になってきます。カードローン申込みをする時は、所定の審査について考える必要があります。信用機関への照会も審査のプロセスの一つとなります。カードの発行者が信用機関に照会することで、過去のクレジット歴を知ることができます。
カードローン審査申込みをする時は、限度額と金利について考える必要もあります。限度額について考える時は、確実に返済額について考えることが大切になります。借入額が大きすぎますと、金利負担が大きくなりますので注意する必要があります。借入金利には変動金利と、固定金利とがあります。固定金利は金利が一定しているメリットがあります。変動金利は金利が変動するリスクがありますが、金利が低下していく場面では有利となります。
カードローン申込みをする時は、自分の収入状況の変化の推測とライフスタイルの変化に伴う支出の変化の推測が大切になります。家族が増える予定の場合は、支出が増加することを想定することとなります。カードローンの返済に必要な収入は、景気動向や自分の健康状況などにも影響されます。カードローン申込みをする時は、ライフスタイル全般を総合的に見ることが大切になります。計画的な返済を確実に行うことで、ライフステージの変化に伴う支出に対応することが可能となります。

関連記事