21, 7月 2016

キャッシング比較サイトで知る年率の違い

キャッシングの年率を調べるためには、キャッシング比較サイトが役立ちます。
年率は幅があるのが普通であり、5.0%〜17.5%などの表記になっています。
一律で5.0%などと決まっているとわかりやすいですが、ほとんどのキャッシングは金利に幅があるのです。
幅を設定する理由は、限度額によって金利を変えるためなのです。
金融機関としては、100万円を年率5.0%で融資すれば大きな利益を得られますが、10万円などの少額に低金利を設定するとほとんど利益が出ません。
それゆえに、限度額によって金利を変えるため、幅を設定してあるのです。
初めてキャッシングを利用する場合は、その幅の中でも最高金利になると考えておいたほうがいいでしょう。
例えば年率5.0%〜17.5%のローンならば、最初は上限の17.5%になるのです。
初回契約の段階は信用力が不十分であり、高額を借りることは難しいです。
融資は50万円以内で落ち着くことが多いので、金利は高くなると考えたほうがよいです。

キャッシング比較サイトでは低金利ローンが紹介されていますが、ここに記載されているローンがすべてではありません。
地元にも意外と低金利の金融機関が存在することが多く、地方銀行や信用金庫、農協なども意外と低金利なのです。
金利が低いと返済が楽になるので、他の条件よりも金利にこだわるべきでしょう。
契約後に金利が下がるのは、主に利用枠が増額されたときです。
金利引き下げの交渉だけの場合は応じてくれないことが多いので、契約段階から低金利で借りることが大切なのです。
参考サイト:お金を借りる方法って?│最短で融資を受けるにはこの方法!

関連記事